Double 型と String 型を比較する場合、 String 型の内容が数値に変換可能な場合は CDbl で double 型に変換するようです。 s = "2" のかわりに s = "a" とすると If 文の実行時に 「型が一致しません」のエラーが出てプログラムはストップします。

Excel VBAの実行時エラー[目次] 先ほどと同じサイトですが、実行エラーの例も詳しく載っています。ここからもいくつかご紹介。 型が一致しません。 あるある。Integer(整数型)で宣言した変数に文字列を突っ込んで怒られたり。 オーバーフローしました。 「型が一致しません」のエラーが表示されてしまう原因としては、 変数の型が一致していないNothingと一致していない. VBAのinputboxでキャンセルを押された時にエラーを表示させずに無視する方法を教えてください。 補足 InputBoxのキャンセルを押すと「型が一致しません」というエラーが発生します

「型が一致しません」のエラーが表示されてしまう原因としては、 変数の型が一致していないNothingと一致していない. と表示)が設定されている場合 Range("A1").Select s = Range("A1") ' 実行エラー '13':型が一致しません。 ' B1のセルに #DIV/0! VBAでシート関数を使う、WorksheetFunctionについての解説です。VBAをやれば、必ず使用することになるでしょう。と言いますか、これを使わないと、エクセルを使う意味が薄れてしまいますので。 vbaのマクロを実行すると「型が一致しません。」のエラーを見る機会が多いかと思います。 原因は変数に間違った型の値を入れてしまった場合に発生しますが、コードをみても誤った箇所がわからず途方に暮れる場合もあるのではないでしょうか。 vbaを作成していざ実行しようとすると、「コンパイルエラー:型が一致しません」のエラーが表示されるとへこみますよね。何がエラーの原因なのかわからず、途方に暮れる人も少なくないはず・・・。今回は、「コンパイルエラー:型が一致しません」のエラー とう値が設定されている場合 Range("B1").Select s = Range("B1") ' 実行エラー '13':型が一致しません。 説明.

エラー 9 インデックスが有効範囲にありません。 エラー 13 型が一致しません。 エラー 52 ファイル名または番号が不正です。 エラー 53 ファイルが見つかりません。 エラー 58 既に同名のファイルが存在しています。 エラー 75 パス名が無効です。 vbaを作成していざ実行しようとすると、「コンパイルエラー:型が一致しません」のエラーが表示されるとへこみますよね。何がエラーの原因なのかわからず、途方に暮れる人も少なくないはず・・・。今回は、「コンパイルエラー:型が一致しません」のエラー

excel2003 vbaで業務を簡素化するために、現在開いているブックのファイル名を取得する方法が分かりません。 作業手順をマクロを使って処理していますが、オリジナルのワークブックをファイル名を変えて保存し、以後、このワークブックを読み込んで使用しています。 Findメソッドって使っていますか? Excelのシート上であるデータを含むセルを検索したい場合ってありますよね?そんな場合にFindメソッドを使用します。 この記事では、Findメソッドについて Findメソッドとは Findメソッドの使い方 FindNextで複数一致 FindPreviousで逆順で複数一致 Excel VBA マクロのエラーを処理する方法を紹介します。対処法は発生したエラーをキャッチして、原因となるものをデバッグして見つけます。エラーを無視したり、エラー処理を無効にできます。Finally を使用して後処理ができます。 Excel VBA マクロのエラー 13 「型が一致しません。」の対処法を紹介します。数値型に文字列を設定するなど、変換できない型を代入すると発生します。引数に配列を渡すときに、同様のエラーが発生することがあります。 VBA初心者です。 型が一致しません。とエラーがでます。 もし、B2のセルに#N/A かつ N2のセル 0000/00/00 だったら、C3が不要。 Sub Macro() If Cells(2, 14).Value = "0000/00/00" And Cells(2, 2).Value = …