この記事は、PSI(東京大学工学部システム創成学科知能社会システムコース) Advent Calendar 2018 の 22 日目です。 はじめに 東大の応用プロジェクトという授業で、LabVIEW というソフトウェアを使ってセンサーアプリケーションを作ることになりました。 しかし、大学から支給される Windows… USBメモリのデーターを削除しようとしたら「いくつかの必要な項目が見つからなかったため、操作を完了できません。」と出ました。エラーコードは-35です。削除方法とその原因を教えてください。お願いします。 - Mac OS 解決済 | 教えて!goo データの保存や移動で使う大容量記憶装置のUSBメモリですが、安全性を守るため定期的にフォーマット、つまり初期化する必要があります。今回はMacのUSBフォーマットの種類や方法、またMacでUSBを初期化できない原因や対処法などを一挙にご紹介していきます。 Mac mini (Mid 2011) - High Sierra 対応している限りの最新OS; USBフラッシュメモリ - 16GB USB2.0対応USB3.0非対応 ※詳細は後述 USBメモリや外付けHDDのフォーマット方法。WindowsとMac両方ご紹介。4GB以上のデータを取り扱う時はWindowsであればNTFS、MacであればMac OS拡張にファイルシステムを変更しましょう。 DiskMaker Xを使ってmacOS Mojaveのインストールディスク(起動ディスク)をUSBメモリに作成する方法を解説します。 エラーが最終段階で出た場合は動くことが多いです。 どの段階でエラーになったかによって、実行する対策の順番が変わりますが、考えられる対策は、DiskMaker Xを再度ダウンロードからやりなおす。USBメモリを変えてみる。 小型で軽量なusbメモリは、手軽にデータの受け渡しや持ち運びができる便利なツールです。パソコンのusbポートに差し込むだけで使える手軽さも魅力ですが、「ポートに挿したとたんにエラーが出てしまい、対処に困った」というケースが発生することがあります。 Macでディスクのエラーをチェックする方法を紹介します。 たまにファイルのデータが破損する場合があるので、定期的にディスクエラーをチェックするようにしましょう。ディスクユーティリティの「First Aid」を使えば、 ディスクエラーがチェックされ、必要に応じて修復されます。 色んなエラーが発生して表題の件がどうにもならないという人のためにメモとしてここに残します。 用意するもの.