“EOS 5D Mark II”は、35mmフルサイズCMOSセンサーをハイアマチュア向けにいち早く採用し、市場から長い期間に渡り評価を得ているデジタル一眼レフカメラ「EOS 5D」(2005年10月発売)の後継機種で …

※撮影データ:eos 5d mark iii / ef 24-105mm f4 l is usm / 5,760×3,840 / 1/320秒 / f11 / 0ev / iso200 / 絞り優先ae / wb:太陽光 / 96mm ・ カメラ内生成のJPEG “EOS 5D Mark III”は、従来機種「EOS 5D Mark II」(2008年11月発売)の後継機種で、静止画・動画ともに画質が飛躍的に向上した。 さらに、従来機種からAFの精度や連写速度を高めるなど、撮影性能が大幅に向上したことに加え、作品作りのための表現力も進化した。 EOS5D mark4ではSDカードとコンパクトフラッシュの2種類が使用可能となっている。EOS5Dシリーズはこのメモリーカード2枚挿しができる点がプロのフォトグラファーに支持される由縁だろう。実はEOS5D mark4のメモリーカードを選ぶときに注意したいことがあるのでここで解説しよう。 10月1日(木)よりテレビ朝日で放映される新番組「世界の街道をゆく」において、キヤノンのデジタル一眼レフカメラ"EOS 5D Mark II"で撮影された映像が使用されます。