高卒の初任給が高めの業種と低めの業種を下記で紹介しています。 【初任給が高めの業種】 ・建設業. 2019年1月17日 年収 初任給, 平均, 給料, 統計データ Twitter Facebook 0; B! 平成30年3月学卒者初任給集計結果発表.

【令和最新版】高卒の初任給の平均金額を紹介。高卒の初任給を手取り・男女別・企業別・都道府県別に解説しています。高卒初任給は建設業が最も良くて、都道府県別では東京都が最も高いです。高卒初任給の手取りは大まかに計算すると約13万円です。 高卒初任給2,700円増東京労働局~”金の卵”高卒採用のトレンドを見逃すな!~ 2018/5/11 ニュース. 【2018年初任給の平均額】東京大卒・高卒はいくらもらっている? 2019年1月8日. 厚生労働省の平成29年賃金構造基本統計調査結果によれば、大卒者の平均初任給額は20.6万円、高卒者の平均初任給は17.9万円となっています。 男女別でも初任給額は発表されているので、下の図を参照してください。

初任給. 建設業の初任給の平均は、およそ169,700円。 都市開発が進んでいる昨今、建設業は全体的に上昇傾向にあり、給与にも反映されているようです。 ・学術研究、専門、技術サービス業. 平成30年に厚生労働省がおこなった、賃金構造基本統計調査で得られた結果によると、大学新卒の初任給の平均給与は大体206,000円となっています。 男性平均は210,000円、女性平均は203,000円と若干の差が見られ、全体的には前年度よりも増加傾向にあります。 東京の8割 初任給平均が低い都道府県もみておきましょう。最下位は沖縄で17万5000円。トップの東京を100とすると79.4です。前年の最下位は秋田でトップの東京を100とすると秋田は83.4でした。初任給の都道府県格差は拡大しているようです。