財産の相続は誰もが初めてだらけで戸惑いも多いでしょう。それだけに事前に知識を得ておくことが大切です。数ある財産の中から預金にスポットを当て、相続税との関係を説明します。預金と相続税の関係性がわかれば相続全体の理解も進むはずです。 相続税はいったい、いくらからかかるの?という疑問をお持ちの方に、明快な2つ回答をご用意します。 まず、一つ目の答えは「遺産の総額が3,600万円以下の場合は相続税は一切かからない」ということです。 被相続人(亡くなった人)がタンス預金していた場合等、現金を相続するケースがあります。 この記事では、次のような、現金にかかる相続税について知っておくべきことを、税理士がわかりやすく丁寧に説明します。 現金にかかる相続税の […] 相続人の方がもっとも心配するのが「相続税はいくらからかかるか?」「相続税の申告が必要か?」の2点です。 亡くなった方の遺産総額が3600万円以下であれば、相続税はかからず、相続税の申告(税務署への手続き)も必要ありません。 相続税の基礎控除. 亡くなった人の銀行預金に相続税はかかる? と疑問に思う方もいらっしゃいますが、 銀行預金の相続と、相続税の支払いは、別々のものとなります。 亡くなった人の銀行預金があるからといって、 必ず相続税を支払うことになる、 とい …

将来、財産を残す人も、受け継ぐ人も、「相続税がいくらからかかるのか」ということは早めに知っておいた方がよいでしょう。 相続税がかかることを早めに知っていれば、相続税対策をしておくことも可能になります。 この記事では、相続 […] 所得税や贈与税など税金を計算する場合は、それぞれの税金によって基礎控除額が定められています。相続税も基礎控除額が決められており、基礎控除額を超えた部分の金額によって相続税率と税金控除額に違いがあります。 相続税は資産家だけのものだと思っていませんか?平成27年から大幅な相続税の増税が行われました。その結果今まで相続税など払う必要がなかった人たちにも相続税を支払う義務が発生してきています。相続税は対策を立てることで払う金額を減らすことができます。