砂浜や防波堤から竿をビュッと振ってオモリを遠くに飛ばす投げ釣りは、投げているだけでも気分爽快で楽しい釣りです。 釣り初心者の方向けに、投げ釣りに適した竿やリールなどの道具類や、投げ釣り独特の力糸について、また、投げ方のコツなどをご紹介します。 一般的に道糸は1.0号とか0.8号の太さの糸を使います。 その時に道糸に錘を直接結びつけて投げたら道糸が当然キレますね。 それを避けるために力糸なるものを結びつけるわけです。その糸の形状は元のところが細く(08号とか1.0号)と細く先に行くほど太く(5号とか6号)になっている糸です。 力糸は、はじめは太く、だんだん細くなっていく形状をしています。 細い方を道糸と結びます。 力糸の号数は、次のように決めます。 ・力糸の細い方の号数を道糸と同じにする。 ・力糸の細い方の号数を道糸よりも1~2号ほど太くする。


力糸は片方に向かって段々と太くなっていく構造で、この力糸のおかげで重い仕掛けを安心してフルキャストできる。 力糸の細い方が道糸と同じ号数か、道糸との差が+2号までの力糸を選択しよう。

力糸は道糸と結束する必要があるので、細い方の号数が道糸と同じか、道糸の方が細くなる場合が多いです。 力糸の長さは大抵12m前後、太い方の太さは10号以上になります。 力糸を付ければ30号のオモリでも安心してフルキャスト出来ますね。
丈夫そうで簡単そうで、しかも、力糸側(太い方)のループが細い方の2本分確保できるということで良さげです。というわけで、例によって手芸用コードで練習、いい感じにできました。 リール側は道糸3号、力糸側は4号、これで試してみます。