で、運転免許の取得や更新時に申告する事になります。 ですが、比較的新しい法案のため、どんな病気が規制の対象になるのかなど、 理解していない方は多く存在するのではないでしょうか? 運転できない人へのサポート.

ここまで運転ができる可能性がある人へのポイントについて述べてきました。 では運転ができない人はどうすれば良いのでしょうか。 身体障害者手帳の取得

目が見えないことその他自動車等の安全な運転に支障を及ぼすおそれがある身体の障害として政令で定めるもの; 政令では、次のものが定められています。 ア 体幹の機能に障害があって腰をかけていることができない … 運転が禁止されている病気を発症し、免許が取れなかったり、持っていた免許が取り消しになったからといって、もう二度と自動車を運転できないわけではありません。 病気で免許が取り消されても二度と車を運転できないわけではない. 病気の種類、個人の病状によって一律に判断できないので、自分では運転できると思っていても、もしも病気の症状が出て事故を起こしてしまったら取り返しがつきません。

昨日までは運転していたのに急に運転してはいけないと病院医院長より言われました。何病でしょうか。病名言われてないなら、その医院では本人に告知しないルールがある病気。か、ただの言い忘れ。その医院に電話して聞けば? 病気だからとって、免許取得ができないわけではありません。 今後も事故が起こりにくい状況を作れれば、病気の方でも、より運転できる幅が増えると言えます。