腎臓と膀胱に結石ができると血尿が出やすくなり、飼い主さんが肉眼で尿内にキラキラした結石を見つけられるケースもあるでしょう。 動物病院では、レントゲン検査やエコー検査で結石の有無を確認したり、顕微鏡検査で結晶の種類を調べたりします。 血尿の原因. 腎臓は、体の中で作られた老廃物を尿にして、排泄したり、血液を浄化する大切な働きをします。血液は体の各組織に酸素や栄養を供給しながらそこで生じる老廃物を回収し、いったん腎臓へ運んでろ過し、心臓へもどります。 日本腎臓学会|Japanese Society of Nephrology 日本腎臓学会は腎臓学研究の進歩と知識の普及、国民への還元を目的としています。 〒113-0033 東京都文京区本郷3-28-8 日内会館2F TEL:03-5842-4131 FAX:03-5802-5570 / e-mail:office@jsn.or.jp しかし、血尿が出ているといっても、尿の通り道である腎孟、尿管、膀胱、尿道で血が混じることがあるので、すぐに腎臓に病気があると判断はできません。 腎臓に問題があるかどうかを知るためにも、尿検査と血液検査を行ないましょう。 血尿の原因としては、悪性腫瘍や結石、膀胱炎などの炎症、腎臓の内科的な病気など様々なものがあります。顕微鏡的血尿を起こす主な病気は、腎臓で血液から尿をろ過する糸球体という器官になんからの原因があることがあります。 成人の国民8人に1人は、慢性腎臓病を患っており、新たな国民病と言われています。腎臓の機能は、いちど失われると回復することがない場合が多い臓器です。そんな腎臓の疾患を早期に見つける手段として尿検査は重要です。尿検査によってわかる事をそれぞれ見ていきます。 血尿の原因を突き止め、それに 見合った治療を行っていくこと になります。 繰り返しますが、腎臓自体に結石 や腫瘍などの異常が見られない 慢性腎不全では血尿という症状が 出ることはあまりありません。 ただ、高齢であれば 他の病気との 血尿、タンパク尿を伴う症状がみられる場合、糖尿病性腎症、肥満関連腎症、糸球体腎炎、ネフローゼ症候群などの腎臓の病気の可能性が疑われます(表2)。 pkdの症状では血尿が一般的ですが、タンパク尿がみられることもあります。 腎臓の実質に出来る腫瘍で、大多数は悪性腫瘍です。 主な症状は3つで、3大主徴と言われています。 1)肉眼的血尿(60~70%の人に見られる)

糖尿病は血液中の血糖が高まる病気です。 また腎臓自体が血圧を調整するホルモンを分泌するため、高まった血圧を低下させようとまた負担がかかります。高血圧により腎臓の血管に負担がかかることで腎臓の機能も低下します。 3-2. 血尿は、急性腎炎などさまざまなケースで起こるので、すぐに腎臓がんと判断することはできません。しかし、腎臓にしこりや痛みなどがある場合は、早めに検査を受けましょう。腎臓は、背中側の腰より少し上の両側にあります。 血尿の原因は、腎臓の糸球体での出血による腎炎などの腎臓内科の病気と、尿ができて以後に血液が混じる、例えば尿路結石や膀胱癌などの泌尿器科の病気に分けられます。したがって腎臓内科か泌尿器科に紹介されるます。 腎臓がんの初期症状は血尿と腰や背中の痛みです。ステージ1期の生存率は95%です。腎癌が転移する確率は、ステージや年齢と相関関係にあります。初期症状がでている方の手術方法は、70%以上がダビンチを使用したロボット支援手術となります。 糖尿病. 血尿の原因のほとんどは腎臓と膀胱が占めますが、まれに尿管や尿道が原因のこともあります。 血尿・尿潜血で病院受診する場合は泌尿器科へ 同じ血尿の症状でも、年齢や性別、症状の有無によっても疑われる病気は異なります。 腎炎は、腎臓の糸球体に炎症が起き、尿の量が減少したり、むくみや血尿、蛋白尿、高血圧などの症状が出る病気を言います。 急性腎炎は主に溶連菌の感染によるものが多いそうです。 腎臓が損傷を受けているかどうかは、血尿が重要な判断材料となります。 しかし、必ずしも損傷の程度と尿中の血液量は同じではなく、また目では見えない潜血から血の塊を含む重い血尿まであります。