巣鴨駅前胃腸内科クリニックでの胃カメラの方法~経鼻・経口・鎮静剤の選択について~のページです。「鼻と口はどっちがいいの?」「鎮静剤は必要なの?」にお答えします!無痛で苦しくない胃カメラ(内視鏡)検査は東京都豊島区巣鴨の巣鴨駅前胃腸内科クリニックまでご相談ください。

胃の検査の代表的なものと言えば、胃カメラですね。 現在、胃カメラは鼻からと口からとどちらか選べるようになっています。 ほとんどの医療機関で、 「当院では、鼻からしておりますが、鼻と口、どちらでも可能ですよ。」 などと一応・・・ 経鼻内視鏡検査といって、鼻からカメラを入れる胃カメラ検査の方法もあります。 口から挿入するよりも比較的楽な方法だと言われています。 何故ならば、人によりますが、嘔吐反射が出にくく、検査時間も短時間であるからです。

江東区住吉の内視鏡検査(胃カメラ、大腸カメラ)なら本田医院におまかせください。 鼻から入れる苦しくない胃カメラ(経鼻内視鏡検査)も対応できます。地元の信頼できるかかりつけ医を目指していますので、どんな病気・どんな症状でもご相談ください。 1.胃カメラが苦しいという、誤解…? さてバリウム検査の次は、胃カメラの長所と短所を解説します。 ここで、皆さんの中には「胃カメラか…。」と暗い気持ちになっている方も多いと思います。 「胃カメラをするとオエオエえずいて大変。よだれと涙と鼻水でグチャグチャになる。

胃カメラを使う時と嘔吐反射の紹介ページです。大腸内視鏡検査ならたまプラーザ南口胃腸内科クリニックへお越しください。苦しくない無痛内視鏡検査を取り入れた世界最高水準の医療を行っております。日曜診療も実施。皆様のお越しをお待ちしております。 ではなぜ嘔吐反射をおこしにくいかというと、従来の胃カメラ9mmより細いのも1つですが、鼻から入れることで皆さんが<ゲ~>ってする大きな理由の舌根部をよけて、胃のほうへ通過できるからなので …