研修医の平均年収はどれくらい?く 医療業界で次世代を担う存在である研修医。 研修医も当然お給料をもらって働きながら研修をします。 そんな研修医の平均年収は推定額でおよそ265万円~450万円ほど。 平均月収を算出すると、およそ10万円~30万円という結果になりました。 初期研修医は最近になって、労働者と認定されました。 しかし、それでも医者の中では年収はかなり安いようです。 病院によって異なりますが、初期研修医の年収を見てみると、300~400万円程度が相場になっているようです。 医師の収入、職場環境、キャリア…医師にとっての「満足」とは何なのか?お金の面から考えてみました。性別、年齢、病院の経営母体別、都道府県別、診療科別の視点から、気になる医師の年収に迫ってみました。 関西1初期研修医の給料の良い病院は? 私が調べたり聞いたりした話の中で最も給料がいいのは 市立四日市病院 です。 詳しく気になる方はレジナビのサイトを見てください。 レジナビによると 研修医1年目の年収は850万円、2年目の年収はなんと1050万円 です。 研修医にとってさまざまな病院の年収のランキングは非常に気になると思います。 重要なのは医師の生涯収入であって、研修医を終えた後の進路によって異なるのが現実です。研修医の平均年収は300~400万円程といわれています。 研修医を終了後、大学病院の医局に進んだ場合の収入目安は、20代後半から30代前半の医師であれば300から600万円、そこから講師となれば700万円代に、助教授となると800万円台、教授となれば1,000万円前後となります。

研修医の年収については、過去に大きな動きがありました。医学界を鋭い視点で描いた山崎豊子さんの「白い巨塔」を読まれた人も多いことでしょう。 小説が発表された1960年代当時、研修医の給料は無給に近かったと言われています。