2.裁判所名を書かない方法もあります。 第**条(裁判管轄) 本契約に関して生じた一切の争訟は、甲の本店所在地の管轄地方裁判所を第一審の専属管轄裁判所とする。 3.140万円以下の事件については、簡易裁判所か地方裁判所かを選べます。 東京地方裁判所で合意管轄する内容の契約条項あり。 このケースのように、東京地方裁判所で合意管轄する内容の契約条項が設けられている場合、自社は大阪にあるにもかかわらず東京で裁判を起こす必要が出てきます。 すると、前述の事例と同様に、弁護士が東京まで主張することになり、� これは、東京地方裁判所と東京地方裁判所という具体的な裁判所を指定している合意管轄裁判所条項の記載例・書き方です。 こちらの記載例・書き方は、東京都に近い契約当事者、または東京都に顧問弁護士の事務所がある契約当事者にとって有利なものです。 東京地方裁判所民事執行センター 郵便番号:〒152-8527 住所:東京都目黒区目黒本町二丁目26番14号 電話番号:03-5721-4630 管轄エリア:不明. 東京地方裁判所における自己破産・個人再生の管轄が厳格になります。町田総合法律事務所は、債務整理の相談無料。042-732-3167までご相談ください。 北海道地方(札幌法務局管内) ・ 東北地方(仙台法務局管内) ・ 関東甲信越静地方(東京法務局管内) ・ 中部地方(名古屋法務局管内) ・ 関西地方(大阪法務局管内) ・ 中国地方(広島法務局管内) ・ 四国地方(高松法務局管内) ・ 九州地方(福岡法務局管内) また、特許権等に関する訴えは、東日本が東京地方裁判所、西日本は大阪地方裁判所が専属管轄となっています。 ほかにも、合意管轄(当事者間の合意で管轄裁判所を書面で決めること)、応訴管轄(原告が管轄のない裁判所に訴えを提起して被告が異議なく受けたときに、管轄が生じること� 契約書等によく「合意管轄地を東京地方裁判所とする」などと定められておりますが、実際に紛争が生じその価額が90万以下(でしたっけ?)の場合でも、この合意管轄どおり東京地裁で裁判が行われるのでしょうか?違うのでしょうか?どう 東京地裁書記官に訊く ─交通部編─ 2 LIBRA Vol.13 No.8 2013/8 第1 東京地方裁判所民事第27部 (交通部)の概要 1 はじめに 東京地方裁判所民事第27部は,当庁の民事訴訟 事件係において受け付けた事件のうち,交通事故に

インターネット関連に限らずあらゆる法律的な話について、「それを裁判所を通じて(訴訟や仮処分で)解決する場合に、どこの地域の裁判所で取り扱って貰えるのか」という問題があります。専門用語で「管轄裁判所」と呼ばれる問題です。例えば当事務所は、東京都内の法律事務所です。