通常の労災保険は労働者を雇用する事業者が労災保険に加入して保険料を支払います。その会社が元請けであろうが下請けであろうが変わりはありません。しかし、建設業労災保険では特例による別の加入形態が認められています。 建設業許可制度をこれから調べる人向けの記事はこちら! 建設業の許可の概要を超初心者向けにまとめています。 初めて許可を取得する方はぜひ一度ご覧ください。 この記事の結論と要約 社会保険の未加入業者に対する指導方法についてまとめています。 事業主のみなさま、労災保険の手続きはお済ですか?「うちは、忙しいときのアルバイトしかいない・…」と言っても、労働者を一人以上雇用した場合は、原則として労災保険の手続きが必要になります。 建設業の労災保険料はいくらかかる?【計算方法】 労働基準法では、仕事がもとでケガや病気になったときは使用者に落ち度がない場合でも、事業主が労働者に対して補償する義務があることを規定しています。 建設業の社会保険 アカツキ法務事務所. そして建設業独自の健康保険制度に「建設国保」がありますが、建設業では建設国保に加入することもできます。建設国保に加入している事業所の従業員の人数が5人以上になった場合や、法人化した場合は社会保険に加入する義務が発生します。 建設業許可申請.com > 雇用・労災・健康保険関係 > 建設業と労災保険 建設業と労災保険 労働基準法では、業務災害や通勤災害、業務中の負傷や病気、死亡など、 事業所側に落ち度がなかった場合でも、本人又は遺族に対して補償する義務がある としています。 建設業の労災保険は、一般的な労災保険とは異なり、その建設工事の元請業者が加入する労災保険により、その元請業者の労働者はもちろん、下請業者の労働者の労働災害についても補償します。. 「建設業」で今も社会保険に加入していない事業所は要注意です。国はこのような事業所をピックアップし厳しく取り締まっています。今後、国は未加入の事業所に対してどのような措置が取るのかをま … また、建設業の労災保険料は、元請工事額をもとに計算するというのも特徴の一つです。 建設業の労働保険には、労災保険と雇用保険の2種類があります。 労災保険は、労災事故が起きた時に治療費を払ったり、休業補償を払ってくれる制度です。 雇用保険は、退職した従業員さんに失業保険を払ったり、従業員さんを雇ったり制・・・ 建設業での労災保険においては、建設現場に関わる個々の下請会社を、独立した事業として取り扱いません。 現場ごとにおいて各下請会社を元請会社と一体とみなし、工事現場全体が一つの事業体として取 … ちなみに今回『社会保険への加入』が建設業許可の要件となるわけですが、そもそも『社会保険への加入義務がない』場合は未加入でも問題ありません。 ここで社会保険(=厚生年金・健康保険)の『適用事業所』について見ておきたいと思います。 そして、建設業法の改正で2020年10月からは、建設業者の社会保険への加入が義務化されることが決まっています。 建設業許可の要件として「社会保険に加入していること」が追加されました。 そして建設業独自の健康保険制度に「建設国保」がありますが、建設業では建設国保に加入することもできます。建設国保に加入している事業所の従業員の人数が5人以上になった場合や、法人化した場合は社会保険に加入する義務が発生します。


建設業の皆さんがまず入るべき工事の保険は、第三者への賠償責任保険と労災の上乗せ保険の2つです。 特に賠償責任保険は補償の範囲や、保険が出る場合、出ない場合が細かくありますので、工事現場の状況などに詳しい保険代理店からの加入をお勧めします。