殻からして違います. 卵の値段の違いで一体どんな差があるのかをご存知ですか? 現代人なら当たり前のように日々消費している卵ですが、安い卵なら10個で100円程度のものから、高い卵なら6個で800円するものまで種類が様々あるのに多くの方はこの値段の違いが実は一体どこで差が出るのかを知らないと言います。 卵の色と値段の違いの理由… 意外と知らない人が多かったと話題に… いつも何気なく食べている卵には白色から茶色、 赤みがかったものまであります。 スーパーでも色々な種類のものが販売され、 値 さて、まずはその姿(中身)を拝んでやろうじゃないかと、いつものように皿の縁にコツンと卵をぶつけてみる。…が、割れない。わずかにヒビが入った程度だ。 「そうか、高い卵は硬いのか」と思わず顔がニヤけた。 高い卵と安い卵の養鶏コストに大きな違いがあるのはこの2つ。 たまごには「有精卵」と「無精卵」の2種類があるのをご存知ですか?主婦であれば、知っている方も多いのではないでしょうか。 しかし具体的に有精卵と無精卵の違いって一体なに?味は …続きを読む 初っ端から記事タイトル〇〇〇の解答ですが、1パック200円と(少し極端ですが)1パック1,000円の卵の価格差はズバリ 「養鶏に掛かるコスト」の違い です。. 卵の値段の差=養鶏コストの差. 高い卵はそれなりに美味しいと聞きますが、栄養も違うのでしょうか? 安い卵は、安全性などは大丈夫なのでしょうか? 小さな子どもなどには高い卵を与えたほうがいいのでしょうか? 卵の値段の違いや、選び方について勉強してみました。 白い卵と赤い卵、なぜ色が違う? スーパーの卵売り場に行くと、白い卵と赤い卵が並んでいます。実はこの色の違いは親鶏の違いだけ。家庭でもよく使う「白卵」を産むのは羽や耳たぶが白い鶏で、「赤卵」を産むのは羽が赤茶または黒色で耳たぶが赤い鶏です。