2019年4月から残業時間の上限が労働基準法で厳格化され、原則月45時間・年360時間です。繁忙期など特別な理由があれば、例外として原則の月45時間・年360時間を超えた残業が可能です。 時間外労働の規制は、働き方改革法以前は、「36協定の上限規制」という形で、「月45時間、年360時間」を決められていました。 なお、36協定を労使間で締結しなければ残業させることはできません。 新しい残業規制『働き方改革関連法案』です。いつから?中小企業は猶予があるみたいです。大企業は待ったなしです。ところで36協定はどうなるの?今までと変わらない?何が変わったの?残業時間の上限ができたの?今までは上限なしだったの? 学校における働き方改革について 社会の急激な変化が進む中で、子供が予測不可能な未来社会を自立的に生き、社会の形成に参画するための資質・能力を育成するため、学校教育の改善・充実が求められて …

働き方改革が行われる前から、時間外労働に対する対策は法律できちんと整備されていました。また、これらの法律は働き方改革の前提になる知識になります。 (1)時間外労働を行うためには、36協定が … 【2018年10月19日】働き方改革(2)法案の内容、改正はいつから? 【2018年10月22日】働き方改革(3)時間外労働の上限規制 【2018年10月24日】働き方改革(4)年次有給休暇 時季指定義務