年金収入を得ている人にかかる税金は控除ができますが、所得税や住民税がいくら控除されるのかよくわかりませんよね。公的年金の税金控除には65歳未満と65歳以上で控除額に差があるのです。今回は、公的年金にかかる控除額と計算式、確定申告についても詳しく解説します。 また、所得税や住民税を計算する上では娘さんの扶養控除対象となります。 なお、娘さんの社会保険(健康保険)の扶養については、所得税や住民税でいう「扶養」と解釈が異なり、非課税所得も収入となりますので、娘さんの勤務先へ御確認ください。

年金は税法上の雑所得にあたるため、所得税がかかります。しかし、中には所得税が免除される場合もあります。所得税が免除される場合、所得税がかかる場合の源泉徴収のプロセス、また、確定申告が不要・必要なケースについて解説します。 年金がいくらまでなら住民税は0円? 公的年金控除を込みで所得税をシミュレーションしてみよう; 年金収入から税金額と手取りを計算! 確定申告は必要?

所得税や住民税(所得割)は、課税所得に税率を掛けて計算しますので、社会保険料控除控除などで減税になりますが、国保料が年金から天引きされる場合は、年金の源泉徴収税がその分安くなってるので、還付になるとは限りません。 (注1) この場合であっても、例えば、医療費控除による所得税の還付を受けるための確定申告をすることができます。 (注2) 公的年金等以外の所得金額が20万円以下で確定申告の必要がない場合であっても、住民税の申告が必要な場合があります。