生活保護受給中でも介護保険料は支払わないといけないことを皆さんご存知でしょうか?生活保護受給中でも条件を満たせば介護保険料は支払わなければいけません。しかし、介護保険料の負担分は加算等で補填され、自己負担は一切ないため介護保険料は、実質免除されています。

年金と遺族年金で最低生活費を上回ったためです。 さて、Aさんは介護サービスを受けています。 ところが、生活保護の打ち切りに伴い、過去に介護保険料を滞納していたことが発覚しました。 2年以上の滞納で、時効により納付できなくなっていました。

介護保険料を滞納したときのペナルティ. まず、介護保険料を滞納したときの罰則を見てみましょう。 滞納した期間によって、次の順序で制限が加わります。 1年以上滞納 利用した介護保険サービスの費用を、いったん全額支払うことになる。 ここでは生活保護を受給する場合に、介護保険料の納付額と、介護サービスを利用するときの自己負担額がどうなるかについて解説します。もし万が一暮らしが苦しくなり、生活保護を受給することになったとしても、このページを読んでおけば安心できるはずです。