放射線治療は、健康保険で治療が受けられます。保険診療ですので、高額療養費の制度が利用できます。 *高額療養費制度の利用については、お持ちの健康保険窓口へお問い合わせください。 高額ながん治療費の負担を軽減する「高額療養費制度」とは. これら医療費以外の費用も含めた"治療費"が、病気のときにかかるお金全体の目安になると思います。 病院に支払う純粋な"医療費"以外にかかる費用を含めた"治療費"という枠組みで考えることが大切です。 【かかるお金の目安は3つ】 1. 日本では、公的な医療保険制度により、病期やケガで治療を受けた場合でも治療費の総額の3割(70歳未満場合。年齢や所得によって変わります)を自己負担すれば済むことになっています。 「高額医療費,放射線治療」タグが付いているQ&Aの一覧ページです。「高額医療費,放射線治療」に関連する疑問をYahoo!知恵袋で解消しよう! 乳がんという診断結果を聞いたときは精神的にかなり弱ってしまいますが、現実問題弱ってばかりもいられません・・・。 がん治療は長期戦になりますし、ハーセプチンを使用する治療の場合はかなり治療費が高額になります。 検査だけでも数種類あり、実費負担

がん(癌)になると、医療費が高額になることがあります。医療費が高額になると、自己負担額を軽減する「高額療養費制度」が利用できます。高額療養費制度の仕組みや医療費が軽減される条件などを解説します。<がんを学ぶ ファイザー株式会社> 乳がん治療でかかるお金の知識で知っておきたいことはいろいろあります。 今日はどなたにも当てはまる、「高額療養費制度」について書きますね。 高額療養費制度とは 乳がんをはじめ、がんの知識のひとつとして知っておきたいのが「高額療養費制度」です。 病院に支払う医療費 2.