[類語・類義語(同義語)辞典]類語・同義語、さまざまな言葉の別の言い回しや表現の違う言い方(言い表し方・言い換え)を検索。 我々の左側面からの一斉射撃で彼らは不意をつかれた:和英・英文・翻訳 不意 に言ったことは、相手は一生涯で覚えて巨大な影響を与えられるかもしれません。 この表現は自然ですか? この表現は自然ですか? 不意 に言ったことであっても、相手の心に一生残るような大きな影響を与えてしまうかもしれません。 不意 に言ったことは、相手は一生涯で覚えて巨大な影響を与えられるかもしれません。 この表現は自然ですか? この表現は自然ですか? 不意 に言ったことであっても、相手の心に一生残るような大きな影響を与えてしまうかもしれません。 映画や小説・漫画など、フィクションの世界ではたびたび目にする言葉「心外」。心外とはどういう意味の言葉で、どのような使い方ができるのでしょうか。この記事では、「心外」の意味やビジネスシーンでの使い方について、例文付きでご紹介していきます。 「面食らう」という言葉は、字面上からでは、なかなか理解できない方も多いのではないでしょうか。また、剣道の決まり手の一つと思われている方もいるのではないでしょうか。今回は、「面食らう」の由来などを解説しながら、意味や使い方を紹介します。 「胸をつかれる」には、心に衝撃やショックを受けること、あるいは、さまざまな思いがつのることを意味します。ここでは例文や類語も含めて解説をしていきます。 2-4. 小さな子どもや空気のような存在の家族、いつも顔を合わせている友人たちからも不意に胸をつく言葉が発せられる時がありますね。 忘れかけていた大切な感情に気づかせてもらえた時、そういう場面こそが「胸をつかれた瞬間」と言えるでしょう。 デジタル大辞泉 - 不意の用語解説 - [名・形動]思いがけないこと。突然であること。また、そのさま。だしぬけ。「不意の出来事」「不意に現れる」→突然[用法] 「おもむろに」という言葉をご存知でしょうか。「おもむろに携帯を取り出す」「おもむろに起き上がる」などと聞いたことがありますよね。では、「おもむろに」と聞くとどのような意味をイメージしますか。実は、「おもむろに」は間違った意味で使われることが多い言葉です。 類語、使い方や例文、反対語を紹介! 2020年01月23日更新 突然何か頼まれたり、思ってもみないことを言われてしまったときに動揺したり困惑した事は無いでしょうか。

2-4. 「さぞかし」という言葉をご存知でしょうか?「さぞかし〜だっただろう」というように相手の気持ちや状況を推量する表現として日常生活でも使用する場面があるのではないでしょうか。今回は、「さぞかし」の正しい意味と使い方を解説します! 類語「不意打ちを食らう」 「不意打ち」とは相手が油断している時に攻撃をしかけることをいいます。 不意打ちを食らうというのは、油断している時に襲われたら使う言葉です。 「不意の行動を取る」 「不意」とは突然で思いがけないことを指します。 「意表を突く」が相手の「予想」に焦点を当てた言葉であるのに対して「不意」というと「突然」のニュアンスが強くなります。 「唐突」は「突然」と、意味がよく似ていますよね。言葉としての意味的には同じとも言えますが、一般的な使い方に際しては、意味合いに関して少々違いが見られます。「唐突」の言葉についてや「当然」との違いなどについて説明していますので、参考にしてください。