ロードバイクに乗る方の中には冬や雨の日はローラー台を使ってトレーニングをするという方も多いのではないでしょうか。ただあまりの単調さに次の日に乗るためのモチベーションを維持することが難しいことも。そこで動画配信サービスはどうでしょうか。 動画は競輪学校での三本ローラー台を利用した高ケイデンストレーニングの様子です。 競輪選手という短距離競技の選手なので高ケイデンスが必要であるということと、クランクが短いのピスト自転車であるため、通常のロードレーサーではありえないくらいの高ケイデンスです。 機種選びに悩んだらローラー台のレンタルサービスをしている店もある。 ⇒ きゅうべえonline shop限定 ローラー台レンタルサービス こんなのを利用して選んでもいいですね。 ロードバイクに乗れなくてうずうずしている方はローラー台を検討してみましょう。 2.ローラー台でトレーニングしてみよう/h2> ローラー台を購入したら、早速トレーニングをしてみましょう。 とはいえはじめはおっかなびっくりだと思いますから、慣れるところから。 ロードバイクをセッティングをしペダルを回してみましょう。 ロードバイク・ローラートレーニング!!初心者~中級者まで用! !その1「15分全力走」 2016/09/09 2017/07/21 ロードバイク・ローラートレーニング! 何をしたらいいのやら迷ってませんか? Webやらトレーニング本やらから幾らでも情報は手に入りますがいったい何をやれば良いのだろうか? ある本に … 2.ローラー台でトレーニングしてみよう/h2> ローラー台を購入したら、早速トレーニングをしてみましょう。 とはいえはじめはおっかなびっくりだと思いますから、慣れるところから。 ロードバイクをセッティングをしペダルを回してみましょう。 体感的には、週5日のトレーニングで徐々に速くなる、週2日だと体力維持も難しい感じです。 冬の間は、外で朝練なんて修行そのものですし、路面状態も悪く転倒のリスクも高いです。 そんなときは、やっぱりローラー台での練習がメインになりますよね。 またケイデンスが測定できるとよりトレーニングの充実度が上がります。 ローラー台に負荷機能がついているなら無負荷の状態から1〜2段階ほど重たくするとちょうど良い負荷になります。負荷機能がついていない場合はギア比を重くして挑戦してください。 また、室内のローラー台で行う場合は、安全面からも、強度の確保という面からも、三本ローラー台ではなく、動画のように固定式ローラー台を使うのが良いでしょう。 タバタ式トレーニングをもっと詳しく知りたい方は、考案者である田畑教授本人が執筆した、こちらの本を参考にしてくだ�