Windows7まではリモートデスクトップ接続でマルチディスプレイ表示しても、同じ解像度のディスプレイで1枚の画面を伸ばした表示しかできませんでした。しかし、Windows10では直接PCにディスプレイ2台を接続したときと同じようなマルチディスプレイ表示(画面の拡張)が出来るようになっています。 リモートデスクトップをする際に操作される側のパソコン本体で誰かが操作をしながら他のパソコンから別の人が操作するという行為を同時にできますか 二人のユーザーが一つのパソコンを同時に操作でき … リモートデスクトップの画面サイズがディスプレイに合わずにおかしい時ってありますよね。 今回は、スクロールバーなしでリモートデスクトップの画面サイズをディスプレイに自動的に合わせて表示する方法を紹介します。 リモートデスクトップを全画面表示で起動するちょっと遠くに離れているWindowsマシンを触りたいときに便利な「リモートデスクトップ」使っている方も多いと思います。接続時に「画面の設定」を「全画面表示」にしておくと、画面いっぱいに広がって(フ リモート接続時に画面が真っ黒なまま何も表示されない不具合についての記事になります。解決するには次の4つの方法があります。①接続先PCを再起動する②「Ctrl」+「Alt」+「End」を押す③「ビットマップのキャッシュを保持する」のチェックを外す④画面の解像度を変更する だいたい1日に1,2回は画面が固まる(ひどいときは1時間に数回も!) 画面が固まると、マウスクリックが効かない; リモートデスクトップが切断されるわけではない(切断されて、「接続が失われました セッションに再接続中」にはならない) リモートデスクトップのバージョン確認 リモートデスクトッププロトコルバージョン 8.1 「オプションの表示」をクリックします。 「画面」タブを選択して「リモートセッションですべてのモニターを使用する」にチェックをつけて接続をします。