クイックペイがナナコカードで使えて、クレジットカードの年会費が無料なのだと、JCBカードW/plus Lやリクルートカード等があります。 付帯保険での比較. QUICPay(クイックペイ)は、2005年4月にサービス開始されたポストペイ(後払い)式の電子マネー。キャッシュレスの波が来ているいま、チェックしておきたい電子マネーのひとつです。コンビニやスーパーマーケットなどでの日常的な決済に、QUICPayは活躍します。 QUICKPay(クイックペイ)はクレジットカードのメリットを活かせる電子マネーです。用途に応じてカードやスマホなどの形状から選べて便利に使えます。クイックペイと相性の良いクレジットカードの選び方なども紹介します。 nanacoはリクルートカード(Mastercard又はVISA)でnanacoチャージして「1.2%+nanaco払いの1%や0.5%」 ナナコカードのクイックペイを使った時の還元率は、QUICPay(nanaco)の利用申込で登録したクレカ(他に作ったクレカ)の還元率で使う; という事になります。 リクルートカードも楽天カードと同じく 入会金・年会費無料で持てる クレジットカードです。しかし、ポイントは楽天カードの1.2倍も多く貯まります。 楽天ペイにリクルートカード(visa)を登録して使った場合、ポイントの獲得は以下のようになります。 ※ご利用金額は参加登録されたカードごとに個別で集計されます。 ... ※Apple PayまたはGoogle Payを使い、日本国内のQUICPay(クイックペイ)TM・QUICPay+(クイックペイプラス)TM加盟店で、お店の端末にスマートフォンをかざして支払うご利用分が対象です。 そもそもquicpay(クイックペイ)とは、クレジットカードのメジャーブランドの1つであるjcbが提供・管理する電子マネー・自動決済サービスです。店頭のカードリーダーにスマホをかざすだけで買い物ができるという次世代のお買い物ツールとして、今後の普及が大いに期待されています。 返信する そのため、今からクレジットカードを新しく作っても、間に合うということです。 この期間の間にjcbカードを登録したスマホでの「 quicpay(クイックペイ) 」で、5万円を使う、というのが最大還元される条件です。 もちろん無理して使うことはありません。 nanacoカードにクイックペイを紐づければ還元率2.5%です。 また、楽天ペイが近々「JCB」ブランドにも対応予定なので、 楽天ペイにリクルートカードプラスを登録して使えばそちらも還元率2.5%になると思います! 宜しくお願い致します1. ※nanacoカードを退会されている場合、または1度nanacoカードのQUICPay機能の利用登録を中止されたnanacoカードおよび利用登録中のnanacoカードに関しましては、お申込みいただけません。 ※ マークのついたnanacoカード以外はお申込みいただけません。 ガジェット・ITサービス 遂にリクルートカードプラスがアップルペイに対応!クイックペイも使える。Apple PayにリクルートカードPlusを登録しよう! 以下は、クイックペイnanacoに登録できるクレジットカードの 付帯保険での比較 です。 「リクルートカード」は年会費無料の大人気のクレジットカードです。 今回の記事では、「リクルートカード」はどんなクレジットカードなのか、メリット・デメリット、Apple Pay(アップルペイ)、Google Pay(グーグルペイ)、QUICPay(クイックペイ)、auPAY(auペイ)に登録できるか、注意点 … リクルートカードでQUICPayすれば最高にお得だ! nanacoと使い分けるのがお得と書きましたが、もちろんQUICPay単体でも超お得です。 リクルートカードは年会費無料でありながら、還元率1.2%でQUICPayを利用できるのは紛れも無い事実です! エアペイなら、クレジットカード、電子マネー、Apple Pay・QR・ポイントが1端末で決済できます。iPadまたはiPhoneと、専用カードリーダー台があれば簡単に導入可能。決済手数料は業界最低水準の3.24%~、振込手数料・月額固定費は無料、振込回数は最大月6回です。 ※リクルートカードプラスの新規申し込みは終了しております。 ご利用方法・登録方法はこちらからご覧ください Apple Payについて Google Payについて.