平成31年2月1日より一定の作業場においてはフルハーネス型安全帯を使用し特別教育を受けなければなりません。出張講習会(全国実施可)、土日講習会を東京都内において随時実施しておりますので対象の方はお早めにご受講ください。東京都東村山会場、東京都台東区会場有り 墜落制止用器具のうちフルハーネス型のものを用いて行う作業に係る特別教育 高さが2m以上の箇所であって作業床を設けることが困難な所において、墜落制止用器具のうちフルハーネス型のものを用いて行う作業に係る業務(ロープ高所作業に係る業務を除く) 墜落制止用器具のうちフルハーネス型のものを用いて行う作業に係る特別教育 高さが2m以上の箇所であって作業床を設けることが困難な所において、墜落制止用器具のうちフルハーネス型のものを用いて行う作業に係る業務(ロープ高所作業に係る業務を除く) 特別教育事業者様のフルハーネス型墜落制止用器具特別教育 のwebサポート 「フルハーネス型墜落制止用器具取扱特別教育」をwebサポートで完了し修了証を取得。 手続きは簡単です。 申し込み → web教材メール受信 → お振り込み → 受講 →. 平成31年2月1日より一定の作業場においてはフルハーネス型安全帯を使用し特別教育を受けなければなりません。出張講習会(全国実施可)、土日講習会を東京都内において随時実施しておりますので対象の方はお早めにご受講ください。東京都東村山会場、東京都台東区会場有り

※「フルハーネス型墜落制止用器具特別教育」では、受講を省略できる条件の取り決めがございます。 しかし、その基となる「ロープ高所作業特別教育」および「足場の組み立て等特別教育」は開催機関により講習内容が異なります。 労働安全衛生規則の改正により、高所作業を行う場合には、原則として2019年(平成31年)2月1日から、フルハーネス型墜落制止用器具(安全帯)を使用すると共に、「特に危険性の高い業務」(※1)を行う場合には、特別教育が義務づけられました。


労働安全衛生規則の改正により、高所作業を行う場合には、原則として2019年(平成31年)2月1日から、フルハーネス型墜落制止用器具(安全帯)を使用すると共に、「特に危険性の高い業務」(※1)を行う場合には、特別教育が義務づけられました。 第21回 フルハーネス型墜落制止用器具特別教育インストラクターコース(5月25日~27日) 第25回 熱中症予防労働衛生教育インストラクターコース(5月28日~29日) 第21回 フルハーネス型墜落制止用器具特別教育インストラクターコース(5月25日~27日) 第25回 熱中症予防労働衛生教育インストラクターコース(5月28日~29日) 新たに追加される特別教育「高さが2メートル以上の箇所であって作業床を設けることが困難なところにおいて、墜落制止用器具のうちフルハーネス型のものを用いて行う作業に係る業務(ロープ高所作業に係る業務を除く。
> 4/22.23フルハーネス特別教育関西支部開催ご案内 所在地: 〒101-0054 東京都千代田区神田錦町1-5 カワベビル2階A室 TEL: 03-5577-7844 / FAX: 03-5577-7845 修了証取得お申し込み → 修了証発送 で完了です。 墜落制止用器具のうちフルハーネス型のものを用いて行う作業に係る特別教育 高さが2m以上の箇所であって作業床を設けることが困難な所において、墜落制止用器具のうちフルハーネス型のものを用いて行う作業に係る業務(ロープ高所作業に係る業務を除く)