参考:ファミリー共有機能の「購入の承認リクエスト」を再表示する方法 | iPhoneビギナーズ「いまさら聞けない操作入門マニュアル」 通知センターに表示されていないなら、もう承認か拒否をしてしまったのでは? ⇒モンストの課金方法「AndroidなどGoogle playカード編」 ⇒モンストの課金方法「iPhoneなどiTunesカード編」 ただ、注意です! ただ、一点注意ですが、アップストアーやGoogleストアーに登録しているメール宛てに購入確認メールは届きます。 ファミリー共有することのデメリット. これは、先にも書きましたが、共有力が強すぎるがためになんだかプライバシーが、、、というところに尽きると思います。 最後に、ファミリー共有のデメリットをご紹介しておきます。 プライバシーがダダ漏れ. ファミリー共有に入っています。 親に、ばれずに課金したいのですが購入コンテンツを共有のところはオフになっています。それでも、親に通知は行くのでしょうか?iTunesカードで、課金しようと思って … iPhoneには「ファミリー共有」という機能がある。家族のApple IDをひとつのApple IDに紐づけ、アプリや音楽などの購入コンテンツを家族それぞれのデバイスに共有できるサービスだ。この記事では、ファミリー共有の使い方、プライバシーに関する注意点などを解説する。 ※アプリ内課金はファミリー共有されません。 しかも、1つのApple IDを家族で共有するのではなく、Apple IDは個人で別々のものを持つことができます。 ただし、気を付けたいのは、アプリなどによっては「ファミリー共有非対応」というアプリもあります。 ファミリー共有をすれば親のクレジットカードなどでアプリの購入ができるようになりますが、子供の課金には制限をしたいと思います。 親のアカウントで課金しつつ、子供のiPhoneでは課金を制限するためには 「子供用のApple ID」 を用意する必要があります。