元店員が暴露するパチンコ「遠隔」の実態. パチンコ、パチスロを長くやっている人なら一度は疑ったことがあるだろう遠隔操作。 店側が不正に操作して大当たりをさせないようにしているんじゃないのか? 2007年に神奈川県横浜市のパチンコ店『ボナンザ』で 遠隔操作をしたとの疑い で同店取締役 松本浩幸容疑者と店長の佐野孝之容疑者らが逮捕されました。


現在、客離れが進んでいるパチンコ・パチスロ業界ですが、その中でも常に尽きない話題「 遠隔 」。 恐らくパチンコ・パチスロユーザーの5分の1くらいの人は気になるんじゃないかな? それではパチンコ店で本当にあった事件について紹介したいと思います。 遠隔操作. 2018年4月18日 | パチンコ・パチスロ. パチンコ牙狼を打ってた時ですが、熱いリーチから全回転に変わり、初めて見る演出だったので動画を撮っていました。 全回転リーチを外すなんて、聞いたことも見たこともなかったのですが、 見事に外れて遠隔操作された!