シーバスでナイロンを使うなら8lb~10lbの太さがベター。 メーカーにもよるが6lbくらいの太さでも小場所なら使える。 シーバスで使うリーダーの太さと長さ PEでは根ずれを防止するためリーダーでラインシステムを組む必要がある。 PEラインとショックリーダーの結びで、【オルブライトノット】と呼ばれる結び方を紹介します。結びに慣れない初心者さんや、ライトゲームを楽しむルアーマンには、簡単で速く結べるこの方法はお勧めです。現場でラインとリーダーを結び直す時などにも重宝します。 リーダーとは リーダーとはリールから出るメインの糸とルアーの間に入れる糸のこと。 リーダーが必要な理由は色々あるって、まず、リールだけの糸だと、どうしても糸の弱点を補いきれないことがある。 例えば、ほとんど伸びがないPEラインの場合、合わせたときに切れてしまったりする。 ナイロンラインを改めて考える リーダーだけでなくメインラインのナイロン化はどうなのか? 2017/12/29 シーバス , 釣り スポンサーリンク ナイロンラインは吸水性と言う特徴により、どうしても強度が低下してしまいます。 これが太いラインだとそれほど心配はいらないのですが、4lb、3lbと言う細いラインだと、そこから更に強度が低下してしまうと流石に不安になってしまいます。 渓流ベイトフィネスのラインシステムですが ナイロンラインにフロロカーボンリーダー PEラインにフロロカーボンリーダー PEラインにナイロンリーダー システムを組むとなると基本的に、この3種類になると思います。 エステルラインもありますが渓流ではほとんど聞いた事がありません。 サンラインのラインは信用できますね~。 それでは、先ほど使ったばかりの新鮮な(?)ナイロンリーダーで再度、テストしてみましょう。 リーダーの表面を触ってみると、新品のものに比べてデコボコした感じがしますし、ヨレもついてしまってい 電子書籍リーダーはいらない?その考察 アマゾンなどで必要なテーマの本を検索すると、たまに電子書籍版しかない本があります。また、電子書籍版のほうがすごく安いこともあるのです。しかし、すぐに電子書籍リーダーを買おうかって気にはならない …