リコール費用の増加がsubaru(スバル)の収益を圧迫している。同社が2020年2月5日に開いた2019年度第3四半期累計(2019年4~12月)の連結決算会見で、専務執行役員cfo(最高財務責任者)の岡田稔明氏は、「2019年度第3四半期の3カ月で、リコール費用が250億円発生した」と明かした。

スバルは先ほど、アメリカ市場向けに2020年モデルとなる新型「アウトバック(Outback)/レガシィ(Legacy)」を発売スタートし価格も明らかにしましたが、ここにきてまさかのアメリカ仕様となる2019年モデルの「アウトバック/レガシイ」の2車種・計2,107台に製造過程において不具合があったと … スバル・レガシィの不具合は大丈夫? 平成30年6月に、スバル・レガシィを始めインプレッサがリコールの対象となりました。 そのリコールの原因は、燃料ポンプをつないでいる部品に不具合が生じたからなんです。 燃料部分は人間でいうと心臓部分です。

レガシィ アウトバックの車種情報。上質な時間を愛おしむ。私の人生をもっと輝かせてくれる。そんな贅沢をともに味わう誇り高きパートナー。アイサイトセイフティプラスなど安全性能をさらに高めた、legacy outbackの魅力をご紹介します。 subaru(スバル)のラインアップを紹介しています。レヴォーグ、レガシィ、インプレッサなどのアイサイト搭載車や、xv、フォレスター、アウトバックなどのsuv、シフォンやステラなどの軽自動車まで、お好みのクルマをお探しください。 スバルは先ほど、アメリカ市場向けに2020年モデルとなる新型「アウトバック(Outback)/レガシィ(Legacy)」を発売スタートし価格も明らかにしましたが、ここにきてまさかのアメリカ仕様となる2019年モデルの「アウトバック/レガシイ」の2車種・計2,107台に製造過程において不具合があったと … subaru(スバル)の自動車ブランドオフィシャルサイト。インプレッサ、フォレスター、レヴォーグなどのクルマの情報やキャンペーン情報をお届けいたします。またスバル販売店の検索やカタログ請求、オンライン見積りなどのサービスもご利用いただけます。 スバル、フォレスター など1万4000台を再リコール 走行中エンジン停止のおそれ 2019年11月28日(木)18時17分 リコール費用の増加がsubaru(スバル)の収益を圧迫している。同社が2020年2月5日に開いた2019年度第3四半期累計(2019年4~12月)の連結決算会見で、専務執行役員cfo(最高財務責任者)の岡田稔明氏は、「2019年度第3四半期の3カ月で、リコール費用が250億円発生した」と明かした。 スバル 2017年10月 無資格検査 不正発覚. 【スバルフォレスター】リコール情報 . スバルフォレスターは、これまでどのようなリコールを届け出ているのでしょうか? ここでは、スバルフォレスターのリコール情報をご紹介します。 ブレーキランプの接触不良. エクステリア スバル純正アクセサリーだからできる違和感のない個性。 インテリア 乗る人すべてに心地よい インプレッサライフを。 ドライブアシスト subaruの安全に 万が一の安全も加えたい。 sti スポーツパーツ 安心と愉しさへ、 もうひとつの技術。 日産に続いてスバルも無資格検査が2017年10月27日明らかになりました。今後のリコールスケジュールについてスバルへ電話確認しました所10月30日に国土交通省へリコール内容を届け出るとの事。 今回は残念なニュース、スバルのブレーキランプに関するリコールについて詳細をまとめてみました。対象車種は「インプレッサ」と「フォレスター」で漏れなく私の「インプレッサスポーツ」も当選してしまいました。今回のリコールは国内外約226万台という過去最大規模となるそうです。