スタックトーニングレーザートーニングとはqスイッチyagレーザーを使用してメラニンの過剰な生成を抑える治療で、ライムライトとは特殊な光治療器によってメラニンの排出を促す治療。施術時間は1時間程度で、腫れなどのダウンタイムもありません。

スタックトーニング(レーザートーニング)は、1~2週間に1回の間隔で顔全体への照射を行うことが推奨されています。施術中、部分的にちくちくとした痛みを感じますが、施術後の痛みや腫れはありませ … スタックトーニングの使用によって、従来のマシンよりも均一な照射が可能になったため、クマに対するより高い改善効果が見込めます。 目のクマ治療モニター募集中のクリニック 今回は、池袋の「ルーチェ東京美容クリニック」にてレーザートーニングをやってきたので、そちらを記事にしていきます。こちらは目の下のクマやニキビ跡、肝斑、シミなどに効果があるレーザーですね。なぜルーチェ東京美容クリニックでレ スタックトーニング(レーザートーニング) 肝斑の治療に使われることが多いですが、目の下の色素沈着にも効果を発揮します。 特殊なレーザーをくまに照射することでメラニンが過剰に生産させれるのを抑制し、色素沈着の悪化を防ぎ改善します。 スタックトーニング(レーザートーニング)のポイントは肝斑の悪化を防いで、改善させることにあります。 そのためには0.01mm単位でのレーザー深達度の調整が不可欠で、ここから生まれた技術がトップハット照射なのです。