職場での書類作成で困っています。通常だと、リスト範囲の最終セルの1行(列)下(右)に追加したい内容を入力し、ツールバーからデータ→入力規則を選び、リスト範囲を広げれば済む事、です。ですが、その書類を使う人に上記の説明をし エクセルでドロップダウンリストから項目を入力させる機能があります。リストの項目数が増えた場合に、選択範囲を自動で拡張する方法をご紹介します。サンプルファイルを用意したので、すぐに動作を確かめられます。 範囲にデータの入力規則を追加するには、コードで Range.dataValidation にある DataValidation オブジェクトの rule プロパティを設定する必要があります。 To add data validation to a range, your code must set the rule property of the DataValidation object in Range.dataValidation. Excel の表に基づいたドロップダウン リストを編集する. 入力規則を作成する Creating validation rules. 一覧リストを使用して、「入力規則」の「リスト」を作成し、さらに、一覧リストへの追加・削除に自動対応させるものです。シート「リスト」の部署を使用して、シート「入力」に入力規則のリストを範囲可変で作成します。名前を定義します。 このコーナーでは、エクセルのいまさら聞けない基本的な機能や、達人が使っている超速ワザなど、オフィスワークに役立つ情報を紹介します。 入力規則のリストを使うと、いちいち「交通費」「食費」といった項目を入力しなくても、プルダウンから選ぶだけで入力することができます。

セルに入力されるデータを制限する「入力規則」機能。ここでは、その概略と設定方法、「リスト」「整数」「日付」など入力値の種類、そして入力規則を解除する方法について解説しています。より正確なデータ入力の実現を目指している方、ぜひご覧下さい! エクセル 2019, 365 の入力規則を設定する方法を紹介します。数値や日付の範囲や文字数など入力する値を制限できます。ヒントやエラーメッセージ、ime の状態なども設定できます。入力規則を解除する方法も紹介します。 項目を追加する場合は、一覧の最後に移動して、新しい項目を入力します。 データの入力規則を使用して、ユーザーがセルに入力するデータまたは値の種類を制御します。 入力規則の一例はドロップダウン リストです (ドロップダウン ボックスやドロップダウン メニューと呼ばれることもあります)。 エクセルで使う機会が多いプルダウンリスト(またはドロップダウンメニュー)の作り方を手順を追ってご紹介していきます。「データの入力規則」機能を使った方法や、別シートの情報をプルダウンリストで表示させる方法などもお伝えしていきます。 データの入力規則は、ユーザーがフォームの入力中にエラーを自動的にチェックする機能です。フォーム テンプレート内のコントロールにデータの入力規則を追加してすることができます、ことを確認データを収集する正確性と一貫性のある、組織で使用されている任意の標準に準拠しています。 入力規則を設定するセル範囲を選択します。 下図ではd3:d7セルを選択しています。 [データ]タブのデータツールグループにある[データの入力規則]を実行します。 データの入力規則の「設定」タブを選択します。 入力値の種類で「整数」を選択します。 ソースの一覧を Excel の表として設定する場合、一覧からアイテムを追加または削除するだけで、自動的に関連するドロップダウンが更新されます。. Excelではプルダウンメニュー(ドロップダウンリスト)を使うことによってあらかじめ入力規則を設定することで、入力ミスを防ぐ仕組み作りが可能です。今回はプルダウンメニューの作り方、編集方法(追加、検索、連動による自動反映など)、解除方法を解説します。 エクセルの入力規則で、リストを指定しましたが、このリストの文字列に追加入力を許すことはできませんか?例えば、リストには県名を並べておき、県名を選んでから、同じセルに追加で文字を入れても良いようにできませんでしょうか。こん Excel データ入力規則の使い方と特徴 プルダウンメニュー(ドロップダウンリスト)によるセル入力 2019年2月18日 2020年5月8日 入力規則という機能を使ってドロップダウンリストから入力する方法があります。 この方法については Excel 2016でドロップダウンリストから選択して入力する で説明しています。 列の最初に文字を入れるエクセルのデータを作っていて、列の最初に文字を入れたいという時ってありませんか?ここでは、サンプルとしてこのデータに「県名:」と入れる場合の方法をご紹介します。式を入力する方法式を入力することで、一括で列の最初に文字を入れることができます。

[担当部署]リストを選択したら、その部署に所属する人の名前だけが[担当者]リストに表示される。そのように連動するドロップダウンリストを作れたら、入力の効率化やミスの減少につながります。前の値によって内容が変化するリストの作り方を解説します。 Excel2007~2016をお使いの方は下記のページでも説明していますので、併せてご覧ください。 Excel2013以降をお使いの方は 入力規則の共通メニュー からお進みください。 エクセル2010基本講座:目次(入力規則の設定方法)