物価の安い国インドですが、実は世界で一番駐在員の給料が高い都市がムンバイです。 ムンバイで働く外国人駐在員の給料の平均は21万7165ドルで、駐在員の世界平均の倍以上になります。

インドでの物価相場 スポンサードリンク インドルピーはインドで何が買える? インドルピー(Rs)は為替相場ですが、2013年8月25日の時点で1Rs=1.56円で両替されています。仮に10000円をインドルピーに両替すると約6.406Rsになります。 平均年収:約184万円(給与所得者) 平均月収:約15万円 インドの平均月収も経済成長と共に年々増加していて直近のインドの大卒の初任給は、約2万5000ルピーなので日本の円に換算すると約4万2000円です。 インドの平均年収と物価. インドの物価情報. インドの消費者物価指数の推移をグラフ及び時系列表にて掲載しています。 消費者が購入する商品やサービスの物価変動を表す指数。 消費者物価指数の推移 消費者物価指数とインフレ率の推移【先進国・新興国】消費者物価指数とは小売段階での財・サービスの物価の動きを示す指数です。日本の金融政策の中枢を担っている中央銀行の日本銀行(以下、日銀)は、消費者物価の前年比上昇率2%を「物価安定の目標」とし

インドは世界第二位の人口を誇る国です。 イメージとしては、カレーやヨガ、ガンジス川などをイメージするかと思います。 そして僕がインドに訪れた時は、インドの物価はこんなにも安いのかと思いました。 2020年にかけてインドの実質経済成長率は7.7%と予想されており、2017年の6.7%から上昇しています。一方中国の2020年の経済成長率は6.2%と2017年の6.9%よりも低下すると予想されており、相対的にもインドの経済成長は堅調に推移すると見ています。(imf予想) インドの物価はどれくらいなのでしょうか?インドの物価について上昇率や平均相場、生活費などを日本と徹底的に比較していきます。インドに住んでみたい方、インドに旅行してみたい方必見の内容です。インドの物価についてマスターしていきましょう。

消費者物価指数は、全国の世帯が購入する財やサービスの価格の平均的な変動を測定するもので、総務省統計局が毎月作成しています。結果は各種経済施策や年金の改定などに利用されています。