インスタグラムを利用している年齢層やここ数年の増加率を様々な角度から分析してみました。2014年から2018年までの利用者数が年齢層を超えて増加しています。年齢層別に増加率も解説しているので参考にしていただきたいです。 LINEやFacebook、InstagramなどのSNSの利用者数の最新情報を探していませんか?本記事では、2020年5月時点において主要になっているソーシャルメディアのユーザー数についてまとめています。また、各SNSごとにおける概要やメインとなる属性についても解説しています。 インスタグラムの最新動向調査 本記事では2018年の秋に実施した定量調査、定性調査結果のInstagramの発表を元に、最新動向と企業での活用方法についてご紹介します。 国内の月間アクティブユーザー数 最新の調査結果では、Instagramの国内の月間アクティブユーザー数(MAU)は2,900万を超え … webマーケティングでインスタグラムが活用されるようになった理由の一つに、利用者数の多さから期待されるマーケティング効果の高さが挙げられます。この記事では現在のインスタグラムの利用者数と、その人数が物語るマーケティングの可能性を解説します。 2.6億人の人口を抱えるインドネシアで最も利用者数が多く、4900万人がインスタグラムを利用しています。 それに続くのは日本で、2000万人の利用者がいます。

日本におけるデイリーアクティブアカウントの70%がInstagramストーリーズを利用。 また、日本はショッピング機能の利用が世界で最もアクティブな国のひとつであり、多くの利用者がショッピング機能に対応した投稿をタップし、商品詳細ページを訪れている。 今回は、2019年12月現在までに発表されている、主要なsnsの公表データをもとに、国内月間アクティブユーザー数(mau)やユーザー層を比較して、まとめました。 ソーシャルメディアが普及した現代において、snsは非常に強力なマーケティングツールです。 国内で人気の主要SNS「Twitter」「Facebook」「Instagram」「LINE」について、最新の利用状況をまとめてみました。 ユーザー数とアクティブ率 4大SNSのMAU / 人口カバー率 / アクティブ率(2020年3月時点) Facebook Twitter Instagram LINE ユーザー数(MAU) 2,600万人※1 4,500万人※2 3 ソーシャルメディアマーケティングラボでは、2014年11月、日本国内のインスタグラムユーザーに利用実態に関するアンケートを実施。1人あたりのフォロワー数や、ログイン頻度などを調べ、国内ユーザーの使い方を読み解きます。 インスタグラムのデータを解析。人気ランキングを国内、国内企業、全世界と国内ユーザーで登録期間が短い新人ユーザー4つのカテゴリで紹介。ユーザーの人気投稿やフォロワー数の変化がグラフでわかります。さらに自分のアカウントを入力することで自分の人気順位も知ることができます。 株式会社ict総研が発表した「2018年度のsns利用動向に関する調査結果」によると、日本における2017年末のsns利用者数は7,216万人だったということです。 2017年末の日本のネットユーザー数は1億12万人であり、 sns利用率は72.1%にあたる とのこと。