アレロック 眠気をもよおすので、夜だけ服用していました。 体重増加の副作用があるのかな~ あわててネットで調べてみました。 キーワードは アレロック 副作用 太る 出てきました アレロックに体重増加の副作用があると 多くの記事に書いてありました。 副作用に体重増加の報告がある抗ヒスタミン薬 . アレロックはオロパタジン塩酸塩が主成分の薬で、淡い黄色をした錠剤です。顆粒タイプもあり、どちらも効果の出方や強さは同じです。アレロックも第二世代抗ヒスタミン薬の仲間で、オロパタジン塩酸塩の作用によって… 重要な副作用等に関する情報 1オロパタジン塩酸塩(経口剤) [副作用 (重大な副作用)] 販売名(会社名)アレロック錠2.5,同錠5,同od錠2.5,同od錠5(協和発酵キリン) 薬効分類等 その他のアレルギー用薬 効 能・効 果 世の中にはたくさんの薬が存在していますが、何から作られてどのような成分が入っているかご存じですか?知らず知らずに飲んでいて、薬の副作用として人によっては体重が増加するという薬が存在します。特にヒスタミンという成分が入っている薬には要注意です! 嫌な副作用だと思いつつ、両親も花粉症でザイザル錠を飲んでいるから同じように太るか聞いてみたところ、父は全くなし。母は太ると話していました。 体質が似ている母も太ると聞いて、少し納得してし … アレロックにそんな副作用があったなんて驚きです。 私も花粉症があるのでよく処方されるのですが、 そんなに気にしていませんでした。 飲む期間にもよるんでしょうかね? ていうか、普段から体重計に乗ることが少ないので アレロック副作用(アレロック錠) アレロックのさらに詳細な想定症状につきましてはこちらをご参照下さい。 アレロックの主な副作用は、眠気、けん怠感、口渇、過敏症(発疹、浮腫、そう痒、呼吸困 … アレロックやアレグラと同じように、ザイザルに特徴ある副作用はありません。 副作用の面でも改良された良い薬には間違いありませんが、眠気をはじめとした抗ヒスタミン薬としての副作用には注意が必 … 1.アレロックは大きく分けると2つの種類がある! 2.アレロックはアレルギー性の鼻炎だけでなく、蕁麻疹や発疹・皮膚のかゆみにも効果的! 3.アレロックの副作用は10%程度で、眠気・だるさの副作用を引き起こすことがある! こんな感じでしょうか。 さらに、アレロックを服用するようになってから体重が増加したといったような「太る」声もありますが、アレロックに限らず、抗ヒスタミン薬全体の副作用として食欲増進が挙げられるのでこれが影響しているようですね。 アレロック錠5の効果と副作用、飲み合わせ、注意など。次のような症状は、副作用の初期症状である可能性があります。全身がだるく食欲がない、吐き気がする、皮膚や白目が黄色くなる [劇症肝炎、肝機能 … 「アレルギーの薬って、毎日飲み続けて大丈夫なの?」「あまり長期間飲んではいけない薬があるってホント?」「飲み続けて大丈夫な薬と悪い薬を教えて欲しい。」など色々と知りたいことがあると思います。今回は、アレルギーの薬 毎日飲み続けて大丈夫な薬と 添付文書上に体重増加の副作用報告がある抗ヒスタミン剤はそれほどありません。 またあったとしても、頻度不明もしくは0.1%以下となっています。現実的には心配するような副作用ではないかと思われます。