てんかんに起因する事故例. てんかんを持っている社員が通勤途中に車で事故を起こした場合に会社に責任はありますか?会社はその社員がてんかんを持っていること、車で通勤していること知っています。てんかんを持つ人でも2年間発作が出ていなければ免許を取得でき お話の「てんかん」発病者については、基本的には社員一人での運転業務、車等を使用した営業活動、高所、危険業務等の就業につくことは適しません。また、通院治療時の体調確認、また日時投薬治療等の確認も求めておくことが必要でしょう。 平成23年の鹿沼市クレーン車暴走事故と平成24年の京都祇園自動車暴走事故は、てんかん患者が係った事故として記憶に新しいものです。どちらも勤務中の事故であり、被害者に対して会社にも賠償責任が課せられた事件でした。 しかし,2015年3月以降もてんかん患者の自 動車運転による主な交通死傷事故が2015年10 月までに4件発生している.これらの死傷事故 の運転者は一定の症状を呈するてんかん患者で あり,運転免許を取得できないのに,運転免許