痙攣などの症状を伴うてんかん。子供に多い病気の1つで、発達障害の原因になることもあります。大人の場合は、血管の病気などが関与していることもあります。てんかんの基礎知識について、わかりやすくまとめました。(2ページ目) てんかんの診断に用いられる検査 てんかんは「てんかん発作」が繰り返し起こる病気であることから、発作を確認することが基本です。 てんかん発作の繰り返しは、問診と脳波などにより確認します。 てんかんは、脳の神経細胞(ニューロン)に突然激しい興奮が 生じることによって繰り返し発作が起こる「脳の慢性疾患」です。 100人に1人の割合で発症しています。 小児てんかんの場合は、成人する前に治癒することもありますが、 一般的には、継続治療が必要な疾患です。 その方も子供のてんかんは熱性痙攣から始まったと言っていました。 ユーザーid: 7963340823. てんかん治療の名医・専門医をご紹介します。てんかんとは突然に発作を起こし、意識がなくなる病気ですが原因や症状は人によって異なります。国内の患者数は60~100万人に上り、発症年齢も幅広く、子供から高齢者まで発病する可能性がある病気です。 医師に辞めるように言われたんですよね? 匿名. けいれんを起こして突然倒れるなど、前ぶれもなく現れる「てんかん」発作。子どもの時期に多い「小児てんかん」もあり、親としては非常に心配です。順天堂医院てんかんセンターのセンター長を務める菅野秀宣先生に、基礎知識や対処法について聞きました。