どちらの事故も、てんかんの発作により自動車を暴走させ、多数の死傷者を出してしまったという悲惨な事故であった。 これらの事故の裁判は既に結審しているが、民事裁判においては両事故ともに、事業主にも多額の損害賠償責任が認定さられているのだ。

近年、てんかん発作に起因した事故が散見されるが、その背景と刑事責任について検討した。対象は1966年から2011年に発生し、運転者のてんかん発作が原因とされた死傷事故22例である。 てんかん発作→意識喪失→責任無能力→保険が使えないというような、論理の飛躍をいくつも重ねた上での議論が横行しているように思いますので注意が必要だと思います。 運転して事故を起こした場合保険はおりるのか? 民法上はどうなるのか

てんかんの人は、一部の例外を除いてどんな仕事にも就くことができます。職業に対する心配、会社に病気を告知するべきかどうかなどの不安や、運転への不安などあると思いますが、会社の対応はどのようにすべきなのでしょうか? てんかんのある人が加害者となる交通死亡事故の報道をきっかけとして、「改正道路交通法(改正道交法)」と「自動車の運転により人を死傷させる行為等の処罰に関する法律(自動車運転死傷処罰法)」の2つの法律が、2014年に施行しました。 てんかんを持っている社員が通勤途中に車で事故を起こした場合に会社に責任はありますか?会社はその社員がてんかんを持っていること、車で通勤していること知っています。てんかんを持つ人でも2年間発作が出ていなければ免許を取得でき