「かもメールのノルマ」を報じた記事から半年後の2019年3月18日、「かんぽ不正販売」問題は西日本新聞の朝刊一面、社会面を飾るスクープ記事として掲載された。そこには郵便局員による68件の違法営業、440件内規違反の実態があぶり出されていた。 かんぽ生命保険の不適切販売、ついに、というか、やっと、そう、やっと、「明るみに出た」。 具体的な日付は思い出せないのだが、東日本大震災前だったのは確かなので、かれこれ10年近く前、日本郵便主催の講演会に呼ばれたことがあった。 ・かんぽ生命不正発覚のきっかけは? かんぽ生命で不正が行われていることが明らかになったのは2018年8月に、郵便局員から西日本新聞という新聞社にタレコミがったことから始まったとされています。 ・かんぽ生命不正で職員のsns禁止の理由は? 西日本新聞社(追加応募) かんぽ生命保険料二重払いのスクープと一連の報道 0 〈作品概要〉戦死した日本兵としてフィリピンで収集された遺骨について、7年前に厚生労働省からDNA鑑定を委託された専門家

かんぽ生命の不正販売が問題になる一方、「nhkの報道が郵政側の圧力によって歪められたのではないか」との疑惑が浮上しています。 この疑惑をスクープしたのは毎日新聞。9月26日付朝刊の一面トップに …