御花料(お花料)の書き方 封筒が用意できたら、薄墨の筆や筆ペンなどを用いて表書きと裏書きを記入します。 キリスト教とひとことに言っても、 カトリック・プロテスタントと宗派ごとの考えの違いによって、香典袋の書き方が異なります。

日本人は無宗教な人が多いイメージがあります。自分が無宗教であっても、葬儀の際に、遺族に更に辛い嫌な思いをさせないよう、先方の宗教によりそって列席することが大切です。知っておきたい慣れないキリスト教の香典のマナーとルールをお教えしましょう。 @ご香典袋の書き方 カトリック:「御花料」(お花料)もしくは「御ミサ料」 プロテスタント:「御花料」(お花料) 宗派が不明の場合:「御花料」(お花料)、「献花料」 記入する際に使用するペンは仏式と同様に、薄墨のものを使います。 ゼクシィは結婚準備【結婚、結婚式、ブライダル】と新生活準備【家具、インテリア、手続き、保険】の総合情報サイト。訃報を受けた時の弔問から通夜、葬儀、告別式の参列、香典のルールまで、お悔やみ事におけるおつきあいマナーを詳しく紹介

御霊前にお花をお供えする時に渡すお金を供花料と言いますが、書き方は熨斗袋に薄墨で供花料と書けばいいのでしょうか?香典の事は、ネットでも熨斗袋への書き方は紹介していますが、供花はお供えとして包む場合が少く、あまり掲載されていません。

お花料とはキリスト教の形式で葬儀をする場合に渡すもので、「お花代」は、仏教式の葬儀で渡すものです。 お花料とお花代は呼び方も非常によく似ているため、言い間違えたり不祝儀袋への書き方を間違えないように気を付けましょう。

親しい人やお世話になった人が亡くなった時、香典だけでなくお花代も準備したいもの。しかし突然の訃報に慌てることなく対処できますか?お花代の金額や書き方は?香典と一緒に包んでもいいの?などお花代の相場や書き方などを解説していきますのでぜひ最後までお読みください。 供花料(お花代)の書き方、のし袋には薄墨? 一般的には、供花の手配を葬儀社に依頼することが多いため、供花の生花代は直接葬儀社に渡すことが多いと思われます。(お花を依頼する際に、料金の支払い方法を予め聞いておきましょう) 家族や知り合いに不幸があると悲しみがとまりません。 そしてお通夜などに出席したいと思ったときに、亡くなった方の宗教がキリスト教だった場合とても戸惑いますね。 マナーはもちろんですが最初に困るのがお香典のやり方です。 キリスト教の場合は御花料というものになります。 皆さんは、お花代についてご存知でしょうか?お花代をお通夜や葬式の場で、遺族側に渡したことがあるという方もいらっしゃるのではないでしょうか。今回の記事では、お花代の意味はもちろん、お花代の表書きなどの書き方についてご紹介します。